参考書の選び方

2017年10月13日

カテゴリ

参考書の選び方で僕が考えていることは次の2点です
1 一教科一冊では上手くいきにくい
2 だからといって、たくさんあればいいというわけでもない
この二つです。
これらについて述べていきます。
 

必要なものを、必要なだけ

参考書は一教科一冊というわけにはいきません。正直、オールインワンタイプの参考書で勉強を進めるのは僕は苦手です。
(辞書的に使うのが、いい方法だと思います。)
勉強というのは、分野別に勉強していくというのが重要になりますので、分野別に絞られたものを使った方が、身につきやすいだろう、というのが僕の今までの感触です。
なので、必然的に参考書の数は、一教科につき何冊か、ということで、多くなってしまいます(例えば英語ですと、英文法、英文解釈、英語長文、英作文、リスニング、などといった分野のものが必要になってきます)。
ですが、とにかく多く、何でもかんでも買えばいい、というわけではありません。
必要な分だけの冊数を絞ることが大切です。
(本当に手当たり次第ではだめです。消化不良になり、身につきません。残るのは参考書と、買ったことによる満足感と、参考書、問題集ははあるけど成績は伸びないという参考書、問題集に対する不信感です)
なので、今自分に必要なもの選びましょう。
(なので、参考書を選ぶ力というものも必要になってきます)
また、問題集、と参考書で分けることにもなります。
例えば、英語でしたら、先ほど述べた分野の参考書、問題集と分けていくことになります。
英文法の参考書、(レベルに合わせた)問題集、
英文解釈(和訳)の参考書、問題集
自分に合った単語帳、
長文問題集
英作文の参考書、問題集、例文集、自由英作文が出るのであればそれ用の参考書、問題集など
といったような形になります。
ですが、一気にそろえてしまうと量もかさばります。
なので、最初は英文法の参考書と簡単な問題集、そして、その後次のレベルの問題集、といったように一つ一つこなしていくことが大切になります。

実際に選ぶ際には

自分に必要な分野が決まり、実際に参考書を選んでいるときに、ある程度似たようなものが何冊が見つかった場合は、好みで選ぶということもあります。
本屋さんで、実際に手に取ってみてみましょう。内容を見て選ぶ際は、自分がよくわかっている分野の部分の説明を見て選ぶといいと思います。
そこで自分の納得できることが書いてあれば、自分に合った参考書である可能性が高いです。

お問い合わせはこちら

0568-44-2582

平日:11:00~22:00
土日:10:00~22:00